きしむ現場 ひとごとではない ミスマッチ、業種超え深刻

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO13903410Q7A310C1EA1000/

実は女性やシニアの活用で足元の労働力人口はわずかながら増えている。それでもいたるところで人手が足りないように見えるのは、業種の格差が大きいためだ。たとえば一般事務の有効求人倍率は0.36、会計事務も0.73と買い手市場だ。

労働力調査(2016年10~12月平均)によると、完全失業者195万人のうち、51万人は「希望する種類・内容の仕事がない」と回答。職探しをしていない就業希望者369万人のうち101万人は「適当な仕事がありそうにない」という。働きたい人と働き手を求める企業のミスマッチが人手不足を増幅している。

実体経済にも人手不足の弊害が出始めている。財務省の約1400社を対象にした昨年の調査によると、人手不足と感じる非製造業のうち15%が「事業機会を喪失している」と答えた。企業からは「人手確保が困難で新規出店を考え直すことがある」(飲食サービス)、「介護需要が高まる中、事業拡大の機会を逸している」(医療・福祉)といった悲鳴が相次ぐ。

職種・業種では、建設、シッター、接客、介護、保育士、そしてドライバーが人手不足。一般事務は買い手市場。