介護報酬見直し、特養「黒字の蓄積」にメス 全国で計2.5兆円、「もうけすぎ」批判

9695999693819694E0E19AE3E58DE0E1E2E5E0E2E3E69793E3E2E2E2-DSKDZO7466576024072014EA1000-PB1-7

9695999693819694E0E19AE3E58DE0E1E2E5E0E2E3E69793E3E2E2E2-DSKDZO7466575024072014EA1000-PB1-7

2015年度の介護報酬の見直し論議で、重度の要介護者を受け入れる特別養護老人ホームの報酬の引き下げが焦点になってきた。黒字の蓄積といえる2兆円を超える剰余金を蓄え、もうけすぎ批判があるためだ。

収入額に対する黒字の比率は10%前後と高い。しかも特養の運営をほぼ独占している社会福祉法人は法人税非課税などの優遇措置を受けている。

今度の介護報酬改定では、厚労省は介護の人手不足を緩和するために、あえて報酬を増やして介護事業者に職員の給与引き上げを促すことも検討している。だが、特養に対しては「報酬より剰余金を活用するのが先」(健康保険組合連合会)との声が強い。

社会福祉法人の内部留保についてよく取り上げられてますね。介護職の賃金って安いけど、儲かってないわけじゃないんだと知りました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です