古民家宿泊 参入相次ぐ ANA系、旅行商品を企画 一休、1日10万円超も

96959999889de2eaeae1eae2eae2e0e4e3e2e0e2e3e4869be3e2e2e2-dskkzo0883810026102016ti1000-pb1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO08838080W6A021C1TI1000/

ANAセールスは、百戦錬磨と提携する。第1弾として「ANAスカイウェブ」で、百戦錬磨が予約を仲介する農家や古民家などの宿泊の販売促進を月内に始める。農林漁村などでの宿泊に関心のある顧客を掘り起こす。

一休は、高級な別荘や古民家の利用を予約できるサイトを立ち上げる。施設オーナーが長期不在にするため貸し出す高級別荘や古民家を提供し、宿泊などに使ってもらう考えだ。1日あたりの利用料金は1棟平均で5万円前後。10万円を超える高級物件もそろえる。

日本政策投資銀行の調査によると、日本で民泊などを経験したアジアの訪日客が日本の宿泊施設に求めるものは「日本文化の体験」が24.8%と3位だった。古民家や農家といった伝統的な住宅での宿泊は「コト消費」にシフトする訪日外国人のリピーター獲得にもつながる。

Wi-Fi問題はいつまで経っても1位にあります。色んな事情あって対策進めているでしょうけど、早期解決して欲しいです。