パナソニック、インド結婚式演出 夜の会場、カメラで映像に 1億円以上挙式に的

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO21980690W7A001C1FFE000/

パナソニックの調べによると、インドの結婚式関連市場は年4兆5000億~5兆5000億円相当の規模にのぼるという。出生率も高く、人口に占める若い世代の割合も大きいことから、挙式件数は年1000万~2000万件にのぼり、日本の年30万件より多い。

平均的な挙式費用は200万~1000万円だが、富裕層による費用1億円以上の挙式も都市部で年1000件程度あると見込む。映像演出に挙式費用の10%前後をあてるとみて、まずは首都ニューデリー周辺から受注に乗り出す。

パナソニックはインドにおけるウエディング用カメラ市場で6割程度のシェアを握るという。世界最多とされるインドのウエディング・フォトグラファー40万人への知名度を、映像演出事業の受注拡大に生かす戦略だ。

インドの結婚式関連市場は4.5〜5.5兆とのこと。生涯年収の3割をつぎ込む傾向だそうです。規模違いますね。