パナソニック、空き家再生 社団法人と連携 FC加盟の工務店がリフォーム、子育て世帯に賃貸

96959999889DEAE3E6E2E2EAE4E2E0E4E3E0E0E2E3E6869BE2E2E2E2-DSKKZO8140088026122014TI0000-PB1-3

96959999889DEAE3E6E2E2EAE4E2E0E4E3E0E0E2E3E6869BE2E2E2E2-DSKKZO8140089026122014TI0000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO81400860W4A221C1TI0000/

パナソニックは住宅大手でつくる一般社団法人移住・住みかえ支援機構(東京・千代田)と連携し、空き家の再生事業を始める。木造住宅をパナソニックのFCに加盟する工務店がリフォームし、同機構が10年以上の期間で借りて子育て中の夫婦などに貸し出す。賃貸住宅でも内装などを自由に決めたい若い世代などの需要に応える。

15年1月には相続税の課税範囲が拡大される。持ち家を賃貸すると土地などの評価額が下がり、相続税が少なくて済むようになる。この利点も訴えて空き家の所有者らに家屋の有効活用を呼びかけ、今後3年で120戸以上の受注を目指す。

オールウィンの仕組みづくりができるといいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です