駐車場シェア 軒先で稼ぐ イベント狙い、会場近く集中確保 時間貸し導入、配送業者取り込み

96959999889DEBEBE7E1E6E5E6E2E3E3E2E6E0E2E3E4869BE7E2E2E2-DSKKZO9953476011042016TI5000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO99534740R10C16A4TI5000/

サービス運営会社がてこ入れを検討するのは、確保する駐車場をイベントのある地域に集中する立地戦略だ。シェアリングサービスは湘南ベルマーレと提携する。個人宅などの駐車場をネットサービスで仲介し、自動車で観戦に訪れたサッカーファンに貸し出す。スタジアム周辺は違法駐車や駐車場を探す車で渋滞が発生し、問題になっていた。

同様の動きはJAFも採用する。軒先と組んで同サービスを手掛けているが、提供できる駐車場は全国で2500台とまだ少ないとみている。今後は「東京ドームやスカイツリーなど、イベント会場に近い地域でチラシを配るなどして、利用頻度の高い駐車場を確保する」(事業推進本部)考えだ。

利用時間に活路を見いだすのがakippaだ。空き駐車場を15分単位で借りられるサービスを大阪府内で始めた。最低額は15分30円。これまでは1日単位でしか貸し出せなかった。同社はコンビニ配送や運送業など、一時的に駐車場を利用する法人顧客を抱える。時間制の採用で利便性を高め、個人客に加えて法人需要をさらに開拓する考え。

シェアリングサービス、軒先、akippaが先鋒ですかね。ターゲット絞ることで周知が進みそうです。