紙たばこ85銘柄10円上げ フィリップモリス、日本市場の縮小下で一括申請

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO15300150T10C17A4TI1000/

日本では、たばこの値上げは財務省の認可制だ。値上げは販売量と税収の減少につながりかねないため、これまでは増税時以外は原則として認められなかった。増税が関連しない時期の一律の値上げは異例だ。

国内のたばこ市場は縮小に歯止めがかかっていない。日本たばこ協会によると、2015年度の国内の紙巻きたばこの販売本数は1833億本で、ここ10年で約4割減少した。受動喫煙対策の議論も熱を帯びるなか、逆風はますます強まる見通しだ。

一方で、足元ではアイコスやJTの「プルーム・テック」など、電気による加熱式たばこが急速に普及している。紙巻きたばことの価格差が縮まれば、加熱式へのシフトがさらに進みそうだ。

10円は大きいですね。国内の紙巻きたばこの販売本数は、ここ10年で約4割減少しているとのこと。