宅配便の再配達減らせ 国交省、人手不足緩和へ 受取場所の共通化、宅配ロッカー増設

96959999889DEAEAE6E1EBE5E2E2E0E6E2E4E0E2E3E79180EAE2E2E2-DSKKZO8843971024062015CR8000-PB1-2

96959999889DEAEAE6E1EBE5E2E2E0E6E2E4E0E2E3E79180EAE2E2E2-DSKKZO8843972024062015CR8000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO88439700U5A620C1CR8000/

再配達はトラック運転手などの人手不足を招き、運賃の上昇につながりかねないと同省はみている。交通渋滞が増える一因にもなり、対策でこれらを緩和したい考え。

14年の宅配大手3社のサンプル調査によると、受取人が留守で再配達に至ったケースは約2割を占めていた。

具体的には、ネット通販利用時などに指定できるコンビニなど自宅以外の受取場所の共通化を検討。選択肢が広がり、希望する日時に受け取れるようになれば、会社員らの通勤・帰宅途中の利用などが増えるとみている。保管スペースを増やすため、主要駅やコンビニでの宅配ロッカー増設を検討するよう業者側に促す方針。

再配達は2割とのこと。消費者も再配達にならないような配慮はするべきだと思いますが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です