梱包改革で再配達減らせ 王子HD、郵便受け入る通販封筒 レンゴー、自動で最適サイズの箱

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO16931860W7A520C1TJ1000/

王子HDは衝撃に強い小型の通販用封筒を商品化する。封筒内のシートは蜂の巣状の構造となっており、緩衝材付きの封筒と比べても丈夫さや衝撃への強さは約4割高い。厚さ3センチメートル未満のCDなどで利用を想定する。

スリーエムジャパンは段ボール箱に貼り付けるだけで持ち手になるテープを発売する。テープ両端の粘着部を段ボール箱の側面に貼り付けるだけで手提げとなり、最大12キログラムまでの荷物に対応する。宅配ロッカーは急増しているが、利用者は荷物を取り出して運ぶ必要がある。簡単に持ち手を付けることで女性や高齢者でも運びやすくする。

段ボールによる梱包をできるだけ小型化するシステムを開発したのがレンゴー。梱包する中身に応じて適切な大きさの段ボール箱を自動で仕立て、梱包や出荷も自動でこなす。箱のサイズを適正化して物流拠点の省人化につなげたい宅配業者の需要を見込む。

Amazonの箱が大きいのは物流業者にとっては負担なので、今後は小型化・最適化が避けられないかと。