五輪熱に乗れ ウエア販売 H&M、取扱店2割増/ジーユー、女性需要狙う

96959999889DE2E4E0EBEBE0E2E2E3EBE2EAE0E2E3E4869BE7E2E2E2-DSKKZO0629922019082016TI5000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO06299200Z10C16A8TI5000/

H&Mはスポーツ衣料を扱う店舗数を26店に増やした。現在約60ある国内店舗の約4割に導入しており、今後も拡大する方針だ。同社はリオデジャネイロ五輪のスウェーデンチームに公式ユニホームを提供している。

ジーユーは全店で展開する男性向けに加え、約20店の大型店だけで扱う女性向けを中小型店にも広げることを検討する。スポーツ衣料は男性向けが計画比5割増、女性向けは同2倍と好調だ。

高い伸縮性を持ち激しい動きを邪魔しないスポーツブランドの商品は1万円を超える商品が多い。手軽に購入でき、着用シーンも幅広い点を訴え、スポーツに興味を持ち始め、健康増進に向けて仕事後や週末に運動を楽しむ「ライト層」を取り込んでいく。

まさに自分もライト層なので、従来のスポーツウェアほど機能的でなくても安価でファッション性の高いものを求めます。