レジ係はロボ ローソン、パナソニックと 会計・袋詰め自動化、来年度導入

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ12I6N_S6A211C1TI5000/

最大のポイントは電子タグを活用する点にある。商品に貼り付けた電子タグをレジロボ内で読み取り、素早く精算する。バーコードのように来店客が読み取る必要がない。おでんなどタグを貼れない商品だけ、売り場のバーコードを手作業で読み込む。

パナソニックは工場の自動化技術を活用。形や材質が異なるそれぞれの製品をまとめて袋詰めできるよう金属や樹脂の部品を細かく調整し、卵を割らない、ケーキを倒さないといったローソン側の要求に応えた。

実用化にはハードルもある。最大の壁は電子タグの価格だ。現状では1枚10~15円程度とされる。1個100円のおにぎりが並ぶコンビニでは採算が合わない。このためローソンは競合コンビニも含む小売企業に対し、同じ仕組みの採用を働きかける。

コストの問題などありますが、あっという間に広がって、コンビニ風景が一変しそうではあります。