店頭解剖 人を呼び込む 家電店で「美」探して

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO95276800Y5A211C1TI5000/

家電量販店で最もにぎわっている売り場の一つが美顔器などの理美容家電だ。40~60代女性が主な顧客だったが、10~20代の若者の購入が急増。訪日客からも人気だ。

ビックカメラの2015年8月期連結決算は減収減益だったが、理美容家電の売上高は20%増加。ドライヤーなどで色違いの商品をすべて展示したり、来店客が試せる商品を増やしたりする。

パナソニックの約2万円のドライヤーは髪を乾かしながらヘアケアができる機能が受け、「入荷するとすぐ完売するほどの人気」(大手量販店)。パナソニックは理美容家電をさらに充実させると同時に、若年層にも人気がある健康関連製品なども拡充する方針だ。

対照的に男性の売れ筋はどうだろうと思いましたが、ヤマダもビックも公開してなさそうでした。別の情報源当たってみます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です