サービス業4年連続増収 今年度3%増、日本経済新聞社調査 家事支援や保育伸びる

9695999993819688E2E69A95EA8DE2E6E3E3E0E2E3E6869BE2E2E2E2-DSKKZO7930315005112014TI0000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ04HG8_U4A101C1TI0000/

景気回復による雇用環境の改善で女性の就業者が増えており、家事支援(19.7%増)や保育サービス(12.7%増)などで市場が拡大する。

カラオケスタジオ(9.1%増)やスポーツ施設(7.4%増)も増収を見込むほか、旅行業の取扱高は2.1%伸びる見通しだ。

遊園地・テーマパークは減収に転じる。東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)を運営するオリエンタルランドの寄与度が大きく、昨年度の開業30周年イベント終了で来園者数の減少を見込んでいることが大きい。

なるほどサービス業は活況なんですね。特に家事支援、保育サービス、カラオケスタジオ、スポーツ施設。課題はやはり人手不足。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です