「かざす決済」 わずか0.1秒 フェリカiPhone7に搭載 情報やりとり効率的に、混雑した改札で強み

96959999889de2eae2ebeae4e7e2e2e4e3e2e0e2e3e486989ce2e2e2-dskkzo0809867006102016tjn000-pb1-1

96959999889de2eae2ebeae4e7e2e2e4e3e2e0e2e3e486989ce2e2e2-dskkzo0809868006102016tjn000-pb1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO08098650W6A001C1TJN000/

ICカードは日常生活にすっかり浸透した。このうちキャッシュカードやクレジットカードに多いのは「接触式」で、読み取り装置にカードを差し込んで情報を読み書きする。これに対し、装置にかざすだけで読み書きできるフェリカのような仕組みを「非接触式」と呼ぶ。

フェリカは1つのICチップで複数のサービスに対応できる利点がある。社員証なら入退室のID、電子マネーなどの用途にも対応可能だ。不正に情報を書き換えられない高い安全性も備えている。

ICチップの出荷数は残高管理などができない簡易仕様も含めると累計で100億個を超える。このほか携帯電話やスマホ向けもある。いずれも非接触型の通信規格「NFC」に準拠しているが、フェリカは情報の送り方などが異なる。アップルペイ対応のiPhoneがフェリカの読み取り機では使えなかったはこのためだ。

フェリカとは何ぞやということや、iPhone7に採用された経緯や未来の用途について知ることができました。