すかいらーく、逆風で強さ 前期、節約志向でも純利益21%増 データ分析でメニュー変更

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO12750380Z00C17A2DTD000/

予想を良い意味で裏切ったのはデータ分析の効果だ。同社はグループで採用しているTポイントカードや携帯アプリを通じ客層や単価を分析。顧客の節約志向が予想以上に強いとの結論に至り、ニューを大幅に見直した。

さらに全店の採算性を分析し、ガストなどで収益性の低い店舗を、高採算のしゃぶしゃぶ店「しゃぶ葉」などに相次ぎ転換した。

営業増益を支えたのがコスト削減だ。配送では、傘下の業態別から地域ごとに変更して物流効率を向上させた。国内外の原材料調達も見直し、質を保ちつつ割安な食材に変更した。効果が薄い宣伝費用も減らし、従業員の人件費上昇などを吸収した。

かなり早くからビッグデータ活用しているようですね。節約志向が予想以上に強いこともデータの裏付けがあったのだと知りました。