小型SUV、若者開拓 トヨタなど新型車 デザイン・走行性能に支持

96959999889DEBE2E7E4E4E0EAE2E3E7E2EAE0E2E3E7869BE3E2E2E2-DSKKZO9056630015082015TI1000-PB1-3

96959999889DEBE2E7E4E4E0EAE2E3E7E2EAE0E2E3E7869BE3E2E2E2-DSKKZO8961543022072015TI1000-PB1-3

96959999889DEBE2E7E4E4E0EAE2E3E7E2EAE0E2E3E7869BE3E2E2E2-DSKKZO9056631015082015TI1000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO90566280V10C15A8TI1000/

一般的なSUVは価格が250万円以上なのに対し、全長が4.4メートル以下の小型SUVは200万円台前半で購入できるものが多い。コンパクトになる分、燃費もよく、格好良さと走り、コストの3面で満足できるクルマとして20~30代の若年層の支持を集めている。

トヨタはSUVで「RAV4」や「ハリアー」「ランドクルーザー」シリーズなどをそろえているが、小型タイプは不足していた。燃費と走りの双方をアピールできる車として売り込む。

SUV人気にはデザイン性が大きく寄与している。コンサルティング会社のリブ・コンサルティングが自動車利用者1万人に行った調査では、SUVを選んだ理由として「外装のデザイン・見た目」が40.6%とトップになった。SUVに多い四輪駆動などの「走行性能」も40.3%だった。

FIATの500Xとか超欲しくなります。SUVはデザインと機能のバランスがよくてやっぱりスマート。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です