ソーシャル融資浸透 利回り魅力、リスクに注意

96959999889DEAE5E6E6E6EBE1E2E0EBE2E7E0E2E3E7828296E2E2E2-DSKKZO8744494029052015PPD000-PB1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO87444930Z20C15A5PPD000/

日本でのソーシャルレンディング運営の草分け的存在とされるmaneoは投資家から集めた資金でファンドをつくり、企業に投資している。利回りは案件によって異なるが、5~8%のものが多く、1万円から投資することができる。貸出先は銀行からの融資が受けにくい中小企業やベンチャー企業が中心だという。

事業モデルは運営企業によって異なるが、個人投資家がファンドに出資する方式が一般的だ。運営企業は投資家から集めた資金を企業や個人に貸し出す。融資先からの返済金を原資として分配金を定期的に支払う。延滞や貸し倒れのリスクを軽減するため、保証会社を利用するケースもある。借り手には銀行では借りにくい短期、少額の資金を調達しやすい利点がある。

企業だけでなく、個人も融資対象になる。ソーシャルレンディングサービス「AQUSH」を展開しているエクスチェンジコーポレーションによると、子供の進学費用や高額商品の購入資金などお金を借りる人の調達目的は多岐にわたる。同社は借り手を5段階で格付けして、リスクの違いを投資家に説明している。

リスク管理がありますから運営会社が大変だと思いますが、それぞれどんな理念でやっているか知りたいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です