経営のスピード感、どう実現 カドカワ社長 川上量生氏 新型動画配信、社長主導で

96959999889DEBE7EBE4E5EBE6E2E3E2E2E3E0E2E3E4869891E2E2E2-DSKKZO9596796010012016TJC000-PN1-5

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO95967940Q6A110C1TJC000/

「私が主導して動画の新しいシステムを作っている。スマホで動画を視聴したり生配信したりするためのサービスで、近く発表する予定だ」

「エンターテインメントビジネスは結局、ヒットを放てるかどうかだ。書籍販売で電子書籍の比率を高めるなどすればベースの収益は稼げるだろう。ただ、計画の達成にはドワンゴのモバイル分野でヒット作を生み出すことが必要だ」

――動画や音楽の定額制配信が広がっています。「その波が出版にも及ぶのは困る。音楽の定額配信でも、CD販売などに比べてアーティストに入るお金を十分確保できていない。定額制が広がると作り手が弱り、コンテンツはダメになる」

動画の生配信にはLINEライブに対抗姿勢を明確にしていますね。今いちまだ展開が見えませんが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です