音楽配信、群雄割拠に スポティファイ、日本でサービス開始 無料モデルで浸透図る

96959999889de2e5eae2eae7e2e2e0ebe2ebe0e2e3e4869be7e2e2e2-dskkzo0780852029092016ti5000-pb1-4

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO07808500Z20C16A9TI5000/

先行組が直面したのは、無料の壁。動画サイトなどで無料視聴に慣れた消費者は「有料」に敏感だ。そこで多くの定額配信サービスが無料で使えるキャンペーン期間を用意したが、無料期間が過ぎると解約してしまう人が後を絶たない。

それに対し、スポティファイの強みは、無料のまま使い続けることができる点だ。膨大な無料版の利用者に対し広告収入で稼ぐ。会員全員が有料に移行しなくてもアーティストに収益を還元できる仕組みを整えた。無料の壁を無料で飛び越える作戦だ。

日本では根強いCD信仰も立ちふさがる。CD販売が回復しないのは業界の共通認識になった。それでも、CDを買わない聞き手は熱心なファンではないとして定額配信への楽曲提供を敬遠するアーティストもいるとされる。

参入自体は簡単なんだと思いますが、Spotifyの築いてきたモデルはやはり強いでしょう。先行組の淘汰もあるかと。