郊外カフェ、スタバも照準 3年で260店、「くつろぐ需要」開拓

96959996889DE5E6E4E2EAE1E4E2E0E1E2E5E0E2E3E6869BE2E2E2E2-DSKDZO7460838023072014TI0000-PB1-3

スターバックスコーヒージャパンは2014年度から出店を加速する。今後3年で約150億円を投じて郊外店を中心に計260店を出す。直近3年に比べ約6割増となる。

都心部が飽和状態となりコンビニエンスストアのいれたてコーヒーとの競争も激化。逆に郊外では住民のくつろぐ場としてカフェ店の人気が高まる。ドトール・日レスホールディングスなども同様の出店を強化しており、カフェ競争の舞台が郊外へと移ってきた。

かつて郊外のロードサイドはファミリーレストランの牙城だったが撤退が続いた。そのニーズをカフェ店が埋めている格好だ。大手カフェ各社も郊外型店の出店を強化している。

都心が飽和状態で郊外へ。強気の価格設定でも強いスタバからブランディングを学びましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です