東南アジア企業の株価に明暗 原油・通貨ダブル安 資源に売り、増益にも冷淡/航空に買い、コスト減期待

969599999381968AE3E59AE0E58DE3E5E3E0E0E2E3E6949497E2E2E2-DSKKZO8104051017122014FFE000-PB1-6

969599999381968AE3E59AE0E58DE3E5E3E0E0E2E3E6949497E2E2E2-DSKKZO8104447018122014FFE000-PB1-6

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDX17H27_X11C14A2FFE000/

原油価格と自国通貨の「ダブル安」が、ASEANの有力企業の株価を揺さぶっている。原油安で資源株が売り込まれる一方、燃料費節減につながる航空株は逆に上昇が目立つ。通貨安は輸出銘柄の株価を押し上げ、輸入企業の負担になる。ただ資源企業や製造業の戦略には長期的な視点が欠かせない。株価動向を踏まえ、企業は事業戦略の見直しを迫られそうだ。

日本と同じですよね。原油安と通貨安で恩恵と受ける企業と打撃を受ける企業がある。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です