ストリーミング、音楽の主戦場に 米で急成長、割安感受ける グーグル・アップル、買収で事業強化

969599969381959FE3E0E2E38B8DE3E1E2E5E0E2E3E69494EAE2E2E2-DSKDZO7420431014072014FF8000-PB1-3

グーグルは昨年、月額9.99ドル(約1000円)で聴き放題のストリーミング型サービス「グーグルプレー・ミュージック・オールアクセス」を開始した。ただ、競合サービスに比べると、利用者の好みや気分に合った曲を選んで配信する機能などが見劣りしていた。同機能に定評があるソングザの技術と人材を取り込むことで、サービスの魅力を高める。

「iTunes(アイチューンズ)ストア」でダウンロード型の音楽配信サービスを普及させたアップルも、ストリーミング人気への対応を急ぐ。5月には月額9.99ドルで2000万曲以上が聴き放題となるストリーミング型サービスを手掛ける米ビーツ・エレクトロニクスを30億ドルで買収すると発表。独自のストリーミング型サービス「iTunesラジオ」との二枚看板で成長市場を開拓する。

アマゾン・ドット・コムは6月、早期配送と映像配信を組み合わせた会員制サービス「アマゾン・プライム」(年会費99ドル)に、約100万曲が聴き放題となるサービスを追加してストリーミング市場に参入した。これまでは英スポティファイや米パンドラメディアなど専業ベンチャーが成長をけん引してきたが、IT大手の本格参入で競争は激しさを増している。

日本は遅れてますが。音楽配信とかメディアとかやってみたいと思案中です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です