スーパー増収、食品頼み 昨年の既存店、19年ぶりプラス 衣料・住関連は不振 足元も暖冬で鈍く

96959999889DEBE4E6E2E3EBE7E2E0E0E2E3E0E2E3E4869BE7E2E2E2-DSKKZO9640197022012016TI5000-PB1-2

http://www.nikkei.com/my/#!/article/DGKKZO96401950S6A120C1TI5000/

日本チェーンストア協会が発表した15年の全国スーパー売上高は13兆1682億円。既存店の伸び率は0.7%だった。消費増税に伴う落ち込みの反動がほぼ消えた8月以降、客単価は0.2~4.0%のプラスで推移。一方で客数は前年割れすることもあったという。

生鮮品の相場高とともに客単価を押し上げているのは値上げの店頭販売価格への浸透だ。15年は春季労使交渉で大手企業を中心に賃金の引き上げが広がり、消費意欲の改善につながったことなどが追い風になった。

食品が伸びた背景には消費動向の変化もある。総務省によると、エンゲル係数は7カ月連続で25%を超え、バブル期以来の水準だ。衣料品が主力の百貨店が既存店ベースで4年ぶりの減収となる一方、スーパーでは1個300円程度の高級アイスクリームが人気を集めるなど、「食」を優先する消費者の傾向は鮮明になっている。

賃上げが追い風になったというのは疑問です。消費動向のトレンドも見て取れますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です