すし再編 神明の深謀遠慮 スシロー・元気寿司 統合を主導 縮むコメ市場、全農と共存探る

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO22208250S7A011C1EA1000/

回転ずしは外食の中で数少ない成長市場だ。スシローと元気が統合すれば売上高はざっと1800億円となり、2位のくら寿司(1136億円)、3位のはま寿司(1090億円)を引き離す。事業の拡大余地が広がり神明にとっては店舗で使うコメの数量増加が期待できる。

神明はコメ卸の最大手で8%程度のシェアを握るが経営環境は厳しい。2017年3月期は売上高が1824億円と前の期比で14%増だが、本業のコメ卸事業の売上比率は低下が続く。そこに全農改革が追い打ちをかける。全農が直販比率を上げれば巨大なコメ卸となり、取引先から競合相手に変わる。

全農は神明をパートナー卸と位置づけて協力関係を深めたいとの思惑があり、神明に依頼して農協のコメ拡販も検討している。与党のベテラン農林議員は「全農だけが規模を追うように見えるとよくない」との認識を示しており、民間の卸大手との協力は世論に対する緩衝材にもなる。

なるほど株主の思惑も背景にあったんですね。回転ずしは外食の中で数少ない成長市場とのこと。