「デジタル」で国内テコ入れ ファストリ柳井会長 AIなど活用、ニーズを形に

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO15295370T10C17A4TI5000/

国内ユニクロ事業の2016年9月~17年2月期の売上高は、前年同期比0.3%増と横ばいにとどまった。国内ユニクロは売上高で4割超、営業利益で5割を稼ぐなどグループを支える。国内でのユニクロの低成長は、世界トップの衣料品チェーンを目指すというファストリの成長戦略を揺るがしかねない。

柳井氏はグループ全体の新しいビジネスモデルとして「情報製造小売業」を掲げる。ファストリのすべての業務をデジタルで一元管理する構想を描く。消費者がほしいと思う商品をAIなども活用して分析し、その情報が同時に工場、物流、店舗にも流れる。シーズン前に企画・生産を終える従来の衣料品流通の仕組みを大幅に変え、「消費者が求めているものだけをつくる」(柳井氏)体制を構築する。

すでに江東に新設した倉庫で様々な部署の人間がワンフロアに集まって働き始めており、デジタル・リアル両面で情報共有が進む。さらに今春、スマホ向けのECサイトを大幅刷新。服の画像からユニクロの似た商品を探せる機能を追加するなど、消費者が使いやすいようにした。

国内アパレルは何だかんだファストリが牽引しているのかもしれません。情報製造小売業の成果楽しみです。