東電、「Tポイント」導入 コンビニで契約手続きも

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO86901680W5A510C1TJC000/

東京電力はカルチュア・コンビニエンス・クラブと提携し、「Tポイント」を導入する。電気料金の支払いに対してポイントを付与するほか、コンビニエンスストアなどで契約申し込みを受け付けることも検討する。

東電は電力小売りでソフトバンクと提携に向けた協議を進めており、通信と電気をセットで契約するとTポイントをより多く付与することも検討している。「Ponta」も導入する。顧客はTポイントかポンタを選択できる形になる。

電力小売りの全面自由化で、家庭向けの販売は新規事業者との競争が激しさを増す。東電はポイント制の導入で既存顧客をつなぎ留めるとともに、全国に広がる加盟店網を生かして新規顧客を開拓する。

ポイント、特にTポイントは大きな差別化になるように思います。九電はどうなんでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です