明治ザ・チョコレート 明治 包装に高級感 女心がっちり

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO12016850T20C17A1TJH000/

流れが変わるとみた明治は8度目の挑戦に踏み出す。直接買い付けるか、調達ルートを絞ったカカオを使った「ザ・チョコレート」を14年に発売した。今のヒット商品とコンセプトも名前も同じ「初代」は残念ながら、話題に上ることは少なかった。問題は何か。探っていくと、結局味の違いを伝えることができなかったことに行き着いた。

まず製法を改めて、バニラなどの香料を混ぜることをやめた。味が丸くなるのを防ぐ工夫だ。ラインアップも見直し、チョコ市場で6割を占めるミルク入りの追加を決める。何より変わったのはパッケージだ。薄茶色のクラフト基調におしゃれな色合いのカカオのブランドロゴと、カカオ分の説明を印刷。

「ここまで突き抜けたデザインは初めて」と菓子商品開発部の山下専任課長が強調する意欲作は思わぬ反響を呼ぶことにもなった。格好いいと女性を中心に写真共有サイト「インスタグラム」などで投稿され、「インスタチョコ」と呼ばれるように。

これまた興味深いHITの開発ストーリーでした。ザ・チョコレートを買う人はパケ買いが多いというのもSNS時代を反映してます。