テーマパーク・遊園地、売上高最高へ 今年6000億円に迫る、USJけん引 訪日客・シニア、争奪戦に

9695999993819688E0EB9AE7888DE0EBE3E0E0E2E3E6869891E2E2E2-DSKKZO8146661029122014TJC000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ29H5Z_Z21C14A2TJC000/

国内の主な遊園地・テーマパークの2014年の合計売上高が過去最高となりそうだ。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)の映画「ハリー・ポッター」エリアの開業効果などで6千億円に迫る勢い。競合施設も対抗策を競い合い消費増税後のレジャー需要を盛り上げた。15年は急増する訪日客やシニア層の集客合戦が激しくなりそうだ。

4月の消費増税で新車や家電などの販売は伸び悩んでいるが、体験を売り物にする「コト消費」は堅調だ。テーマパークなどは代表格といえる。

コト消費と訪日客が消費を牽引しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です