トヨタ、新興国で再加速 戦略車「IMV」11年ぶり全面刷新 まず激戦地タイに

9695999993819688E0E39BE7818DE0E3E2E7E0E2E3E7869BE3E2E2E2-DSKKZO8712863022052015TI1000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ21I5S_R20C15A5TI1000/

トヨタ自動車が新興国戦略車「IMV」を全面刷新した。第1弾としてピックアップトラックを21日にタイで発売し、世界各地でミニバンやSUVも生産・販売する。燃費性能などを高め、競争を勝ち抜く。

トヨタは2004年にIMVを発売した。共通のプラットホームを活用して新興国向けのピックアップトラックやミニバンなど複数のモデルを生産し、現在は190を超す国・地域で売っている。12年には110万台を販売したが、いすゞ自動車などとの競争が激しくなった。資源価格の下落も新興国経済に影を落とし、14年の販売台数は約97万台に減った。

新型車は骨格部品やエンジンを全面刷新して競争力を高めた。燃費性能は従来型に比べて約1割向上している。今後2年程度をかけ、約10カ国・地域に広がる生産拠点で、新型車への切り替えを進める計画だ。

IMV=Innovative International Multipurpose Vehicle。100万台規模で売れるのは「カローラ」など僅かだそうで、IMVへの意気込みが伝わります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です