ユニクロ定番品値下げ 「いつも安い」PR、週末セールは縮小 客離れに歯止め

96959999889DEBEBE2E1E3E4E7E2E0EBE2E1E0E2E3E4869BE7E2E2E2-DSKKZO9903167029032016TI5000-PB1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO99031650Z20C16A3TI5000/

ユニクロの価格政策を見直す。定番を中心に一部商品を値下げすると同時に、週末のセールを減らす。国内の店舗数が増えないなかで成長を維持するには、継続的に来店する顧客の確保が欠かせない。2年連続の値上げなどで来店客数が落ち込んでいるうえ、消費者の節約志向も根強い。いつ訪れても割安感のあるイメージを再構築し、客数減に歯止めをかける。

15年9月~16年2月の半年間で、国内の既存店客数は前年同期を6.3%下回り、売上高も1.9%減った。落ち込みを補うためにも週末のセールが常態化し、購入する曜日によって大きく価格が異なることに不満を持つ顧客もいるとされる。

通信費などに圧迫され、衣料品に使う予算は全体に減少傾向とされる。節約志向も根強く、ユニクロが得意とする日常的に着る衣料品や肌着などで低価格品を求める消費者は多い。ジーユーや、WEGOなど低価格帯を強みとするブランドが業績を伸ばしている。

最近限界も見え隠れするユニクロ。少なくとも国内は大幅な増益は難しいかと。ヒット商品頼みですかね。