米、ビットコイン決済拡大 安い手数料 デルなど相次ぎ採用 取引所破綻越え

96959999889DE5EBE0E6E2EAE6E2E2E1E3E3E0E2E3E6949490E2E2E2-DSKKZO7924086003112014FFB000-PB1-2

96959999889DE5EBE0E6E2EAE6E2E2E1E3E3E0E2E3E6949490E2E2E2-DSKKZO7924087003112014FFB000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO79240840T01C14A1FFB000/

ペイパル、大手デルなど米国の有力企業でビットコインを決済手段に採用する例が相次いでいる。対応する会計ソフトやレジなどを開発・投入する動きもある。「マウントゴックス」の破綻で世界的に一時信用が揺らいだ。しかし米当局が課税対象資産と認めたことに加え、クレジットカードに比べ決済手数料が安い点が魅力となっている。

各社が決済手段に採用する理由の一つが手数料の安さだ。クレジットカード決済の場合、消費者の支払額の5%前後を手数料としてカード会社に支払う必要がある。ビットコインでは、1%程度を決済会社に支払えば済む場合が多い。

英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの経済史学者ガリック・ハイルマン氏は現在の水準について「ドルを必要とする大量保有者の売却が影響している」と指摘。加えて「強い米ドル、米アップルの決済サービス参入による競合激化、規制の強化など複合的要因によって下がった可能性が高い」と分析する。

ビットコインよく分かっていませんが、1%程度の手数料というのが魅力なんですね。動向フォローしておきたいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です