ウェンディーズ、マックの隙突く ファーストキッチンをサントリーから買収 外資参入・拡大相次ぐ

96959999889DE2E0E4EAE7EBE1E2E0E1E2E7E0E2E3E4869BE3E2E2E2-DSKKZO0268596023052016TI1000-PB1-5

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO02685930T20C16A5TI1000/

ファーストキッチンは135店舗で一等地に多い。サントリーは「酒類と清涼飲料を軸に成長を目指す」(新浪社長)考えで、今春にはサンドイッチチェーンの株式を売却している。今回、双方の思惑が一致したことで買収が成立した。

15年から買収効果を確認するための実験を始めていた。ファーストキッチン2店舗を両ブランドの併設店に切り替えた。肉が分厚く男性に人気のウェンディーズと、デザートが豊富で女性客が多いファーストキッチンの組み合わせがカップルなどの好評を博し客数が2割増えた。

日本マクドナルドは国内ハンバーガーチェーンでシェアが7割前後とみられる。15年12月期の全店売上高は前期比15%減の3765億円。異物混入問題などで消えた売上高は約700億円と中堅チェーン1社分だ。ガリバーが苦しんでいる隙を外資勢が突いている。

ウェンディーズにシェイクシャックにカールスジュニア。シェアの熾烈な奪い合いがスタートしています。