ヤフー、ネット予約に注力 一休買収 広告の収益を補完

9695999993819688E3E79BE1878DE3E7E3E0E0E2E3E7869BE7E2E2E2-DSKKZO9518189016122015TI5000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDZ15I3U_V11C15A2TI5000/

スマホ利用者はサービスごとに専用のアプリを活用している。今後、検索サイトのトップページにある広告から得る収入は伸びが見込みづらく、新たなけん引役を探す必要が出ていた。そこで強化しているのがEC分野だ。「ヤフー!ショッピング」や「ヤフー!トラベル」などをそろえ、これらのサイトに出稿してもらう広告を新たな収益源に育てようとしている。

宿泊のネット予約市場では「楽天トラベル」、「じゃらんnet」などの後じんを拝している。高級宿泊施設の予約で「一人勝ちの状態」(小沢隆生ヤフー執行役員)の一休を手に入れることで、予約サービスで巻き返しにつなげる。

一休は高級レストランの予約サービスも運営する。ヤフーが展開する「ヤフー!予約飲食店」は大人数で利用できる居酒屋などの掲載が多く、飲食分野でも相乗効果を期待する。宮坂社長は「飲食店のネットでの予約は全体の1%。成長余地が大きい」と話す。

森正文社長の今後が気になりますが。リタイアでしょうか。創業の話など面白かったです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です