ヤマハ、営業益430億円 今期最高益に迫る 電子ピアノ、中国で好調 欧州では音響機器伸びる

96959999889DEBEBEBE6E3E5EBE2E0E3E2E6E0E2E3E4968693E2E2E2-DSKKZO9994181021042016DTA000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO99941790R20C16A4DTA000/

中国では大都市の富裕層向けに電子ピアノの売れ行きが好調で、農村部では学校教育用にアコースティックピアノの販売が伸びる。中国では音楽教室を開設して需要を掘り起こし、「ヤマハ」ブランドの優位性から価格競争にも巻き込まれていないという。ピアノに比べ販売が遅れていたギターでも、中国でブランドが浸透しているようだ。

東南アジアやインドでも音楽教室の展開を加速する。ヤマハ製品を扱う代理店を増やして販路も広げる。資本関係にあるヤマハ発動機と組み、同社直営の二輪車販売店で楽器を展示して知名度向上につなげる。

欧州ではアンプなどに加え、コンサート会場や公共施設で使うミキサーなど音響操作盤の販売が伸びる。

音楽は裾野の広い展開ができるので面白いでしょうね。営業利益率が10%くらいあるのもブランドの強さ。