値下げの吉野家 苦戦 既存店売上高、伸び鈍く 競合他社はメニュー改善

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO14968250V00C17A4TI5000/

吉野家の3月の既存店売上高は3カ月連続の前年割れから1.1%増に転じた。ただ、外食全体では微増ながら2カ月連続でプラス成長だったゼンショーホールディングスや、4%増だった松屋フーズを含めた牛丼3社よりも既存店売上高が伸びている企業が増えている。

ゼンショーはすき家でセットメニューを前面に押し出す作戦で、客単価の増加で売り上げの伸びを維持してきた。16年には一度も牛丼で割引をしないなど、値下げ競争から撤退しつつある。松屋フーズも定食などに力を入れ幅広い客を取り込む一方、値下げは見送った。

吉野家HDは「消費者には牛丼が1杯280円だった時代の印象がまだ強い」と分析する。牛丼比率が高い吉野家でもメニューの多角化なども進めているが、「値下げ」「牛丼単品」という顧客の認識を変えるのに苦労しているという。

吉野家の売上高に占める牛丼比率は5割前後で松屋は2~3割ということなので、イメージ変えることに苦戦しているようです。