9.11から15年 大国に翻弄されるアフガン

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO07597840U6A920C1TCL000/

1979年、ソ連はアフガニスタンに侵攻。自国寄りの政権を樹立しようとしたのです。アフガニスタン国内のイスラム教徒の若者たちは猛反発。これをイスラム世界の国々が支援。ウサマ・ビンラディンもそのひとりでした。ソ連軍が撤退すると、外国からの応援組は引き揚げます。ビンラディンもサウジに帰国しました。アフガニスタンに残った武装勢力は内戦状態となり、タリバンが国の大半を支配するようになりました。

90年、イラクのフセイン大統領は隣国クウェートへ侵攻します。パパ・ブッシュは多国籍軍を組織して翌年、イラクを攻撃。イラク軍を追い出します。これが湾岸戦争です。このときビンラディンは、サウジの国王に対し、異教徒の米軍がサウジに駐留しないように要求しますが、認められず、国外に追放されます。ビンラディンが頼ったのが、かつての仲間がいるアフガニスタンでした。

ビンラディンは、サウジに駐留した米軍を憎み、「アルカイダ」を組織し、米国を攻撃しました。しかし、タリバン政権を攻撃したブッシュ政権は、国家再建の青写真を持っていませんでした。それどころか、今度はイラクを攻撃。アフガニスタンに駐留する米軍は手薄になります。これにより、一度は壊滅状態になったタリバンが復活。

マンハッタンの爆破テロも氷山の一角というか、歴史に伏線があったことがよく分かります。