COP21パリ協定議長案 「2℃」目標など前進 途上国資金支援なお調整

96959999889DEBE6EBE5E0EAEBE2E3E2E3E0E0E2E3E79793E3E2E2E2-DSKKZO9494562009122015EA1000-PB1-1

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO94972890Q5A211C1EA1000/

合意点は徐々に増えている。まず先進国のみが削減義務を負った京都議定書の反省から、2020年以降は中国など全ての国が参加する枠組みにするため排出削減目標は各国の事情に合わせて自主的に作る。その上で各国は産業革命前からの気温上昇を2度未満に抑えると明記することでほぼ一致。

対立点も鮮明になってきた。ファビウス外相は残る大きな論点に「途上国の資金支援」「温暖化対策で先進国と途上国の差をどうつけるか」「長期目標の設定など野心の向上」の3つを挙げた。

結果的には歴史的とか絶妙とか言われています。が、スタートラインなので、長い目で環境対策が必要です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です