「イスラム国」包囲に亀裂 トルコがロシア軍機撃墜 シリア巡る対立背景 プーチン氏「裏切りだ」

969599999381959FE0E69AEBE68DE0E6E3E3E0E2E3E79793E0E2E2E2-DSKKZO9436841024112015EA2000-PB1-2

969599999381959FE0E69AEBE68DE0E6E3E3E0E2E3E79793E0E2E2E2-DSKKZO9437631025112015EA2000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKASGM24H94_U5A121C1EA2000/

ロシアはアサド政権を支援するため、IS掃討の名目でシリア領内の空爆を開始した。実際にはアサド政権と敵対する反政府勢力も標的にしているとされ、トルコのエルドアン政権はトルコ系トルクメン人も空爆されているとして不満を募らせていた。

トルコは反アサド政権で米欧などと歩調を合わせるが、IS掃討よりもアサド政権を支援するイランや、エルドアン政権と対立するクルド人の勢力をそぐことに主眼を置く。パリの同時テロを契機に欧米とロシアの協調機運が高まり、アサド政権の存続の是非を巡る問題が棚上げされることを懸念する。今後の交渉をにらみ、存在感を示すためにこのタイミングでロシア軍機の撃墜という強硬策に踏み切ったとみられる。

プーチン氏がトルコ側を強く非難した背景には、自国軍機への攻撃を不問に付せば政権の求心力が低下しかねないとの危機感があるとみられる。国際社会の敵であるISへの協力疑惑を持ち出すことで、トルコに対して外交的に優位な立場を確保する狙いも透ける。

トルコ側にロシアに対してたまっていた歴史的な鬱憤が暴発したものと思われます。負の連鎖が起きなければよいですが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です