制裁実効性、中国カギ 安保理決議、北朝鮮と関係深く

96959999889DEBE5EBE4E7E3E2E2E2E1E2E1E0E2E3E49494E0E2E2E2-DSKKZO9796511003032016FF2000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO97965100T00C16A3FF2000/

安保理はこれまでも北朝鮮が核実験をするたびに制裁決議を採択するなどしてきたが、核・ミサイル開発を許してきた。制裁の履行が徹底されず、北朝鮮の経済に大きな打撃を与えられなかったのが原因のひとつだった。

制裁の実効性を高めるうえでカギをにぎるのは中国の動きだ。北朝鮮は貿易額の9割を中国に依存しているとされる。中国がすべての貨物を検査すれば北朝鮮への打撃は計り知れないが、制裁を履行するには中国も検査体制の整備などを迫られる。

安保理の制裁決議はこれまでもあったけれども、制裁の履行が徹底されなかったのが課題とのこと。