金正恩氏、核に固執 北朝鮮、孤立覚悟の実験強行 保有国へ野心あらわ

969599999381959FE2E49AEB8B8DE2E4E2E3E0E2E3E49793E0E2E2E2-DSKKZO9584811007012016EA2000-PB1-2

969599999381959FE2E49AEB8B8DE2E4E2E3E0E2E3E49793E0E2E2E2-DSKKZO9584810007012016EA2000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKASGM06H9Y_W6A100C1EA2000/

最大の目的は「核大国」として国際社会に認知させることだ。政府声明であらわになったのは、多様な核兵器を持つこと自体への執着だ。核爆弾をミサイルの弾頭として実用化するには精密な爆発の制御や小型化が必要だ。定期的な実験を通じて完成度を高めようとしている。

今年は正恩氏にとって特別な年だ。36年ぶりの労働党大会を控え、是が非でも「業績」が欲しい。力を入れる経済は建設事業が目立つ程度で食糧事情や工業生産は低迷したまま。民心が離れるのを食い止めるには核しかないと考えたのかもしれない。

水爆実験成功を伝えた北朝鮮の報道は「米国」「米帝」を8回も連呼した。北朝鮮は体制維持に米国との関係正常化が不可欠とみているが、直接交渉は途絶えている。米国と核保有国として渡り合うために「水爆実験」でより強いインパクトを狙った。

年始から暴発。米国との交渉もストップしていますし、日中韓ともうまくいかず、瀬戸際外交今年もですか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です