日朝合意1年、拉致再調査進展せず 高まる制裁強化論

9695999993819481E0E59AE7E28DE0E5E2E7E0E2E3E78282EAE2E2E2-DSKKZO8737454028052015PP8000-PB1-3

http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS27H50_X20C15A5PP8000/

日朝両政府は昨年5月、スウェーデンのストックホルムで開いた政府間協議で合意した。北朝鮮は7月4日に特別調査委員会を設けて調査を開始。「夏の終わりから秋の初め」には最初の報告があり、1年をメドに調査を終えるとしていた。日本側には拉致問題の前進に期待が高まったが、9月になると北朝鮮は報告先送りを通知してきた。

政府は国連での非難決議を主導したり、北朝鮮への独自制裁を延長したり、徐々に圧力路線をにじませながらも、制裁強化は明言を避けてきた。政府間協議の枠組みを維持するためだ。

やはりこうなりましたか。気持ち的には制裁強化したいところですが、それで北朝鮮が交渉を閉ざす可能性もあるので難しいところ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です