米大統領「ロシアに責任」 撃墜調査妨害 親ロ派を批判 プーチン政権、苦境

http://www.nikkei.com/article/DGKDASGM2101K_R20C14A7FF8000/

オバマ大統領は声明を読み上げ、遺体の収容と国際調査団による透明性のある調査が最重要課題だと強調した。「ロシアが武器を供与し、親ロ派を訓練した」とも指摘。ロシアが武装勢力への影響力を行使しなければ、さらなる代償を科すと述べた。

オバマ大統領の声明に先立ち、ロシアのプーチン大統領は21日、撃墜事件を巡りテレビで演説し、「国際的な専門家たちの安全確保のためにあらゆることがなされるべきだ」と述べ、親ロ派に現地調査に協力するよう促した。一方で「もし停戦が続いていれば悲劇は起きなかった」として、停戦を打ち切ったウクライナ政府が最も責めを負うべきだとも強調した。

プーチン窮地ですね。これ以上孤立する方向に行かなければよいですが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です