中東安定へ共存・対話 ノーベル平和賞、チュニジア対話組織が受賞 対テロ「国同士が粘り強く」

969599999381959FE3E29AE1878DE3E2E3E0E0E2E3E79494E0E2E2E2-DSKKZO9501834011122015FF2000-PB1-2

http://www.nikkei.com/rticle/DGKKASGM10H3U_Q5A211C1FF2000/

13年に発足した「国民対話カルテット」はチュニジアの労働組合や人権組織などの4者で構成する。カルテットは、国内で対立していたイスラム勢力と、政教分離を重視する世俗派の双方の議員や有力者、支持者らを説得して対話を仲介。14年の民主的な新憲法の制定や、大統領・議会選挙の実現に導いた。

女性の権利向上をうたい、男女平等を明記した憲法の制定には抵抗も大きかった。人権擁護連盟のベンムーサ会長は「容易な道のりではなかったが、あきらめず対話を続けた」と話し、女性たちが非常に大きな役割を果たしたことを強調した。

チュニジアは11年1月の「ジャスミン革命」でベンアリ独裁政権が崩壊。中東諸国に広がった民主化運動「アラブの春」の起点となった。だが、その後リビアやイエメン、シリアが激しい内戦状態に陥り、エジプトでも軍がクーデターで政権を掌握。権力の空白をついて台頭した過激派組織「イスラム国」などにより地域は一段と混乱し、第2次世界大戦後最悪の難民危機やパリ同時テロなどの形で世界を揺さぶっている。

あきらめず対話を続けることを強調されています。中東安定には程遠いですが、モデルになり得ると思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です