米当局ソフト悪用か 99カ国・地域にサイバー攻撃 身代金型、一斉に 週明けに国内被害表面化も

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDC13H2Z_T10C17A5EA2000/

ウィンドウズの欠陥を突いた攻撃だ。マイクロソフトは3月に欠陥修正ソフトを無償提供したが、適用していないパソコンは被害に遭う恐れがあり、同社は追加の安全対策を講じたと表明した。

このタイプの攻撃ソフトは、著名ハッカー集団「シャドー・ブローカーズ」が、NSAから入手したとして公表したソフト「エターナルブルー」の改良版だ。NSAは機密情報収集のソフトを独自に開発しているとされる。

ロシアの情報セキュリティー会社、カスペルスキー研究所の日本法人によると、今回のサイバー攻撃で検知したランサムウエアの6%が日本で見つかった。検知件数は英国と同水準だ。攻撃の発覚は日本時間では土曜未明で、情報セキュリティー会社S&Jの三輪社長は「多くの職場で従業員が退社していたことで、感染をかなり免れることができた」と分析する。

日本では休み明けに被害が増えるかもしれないそうです。不審なメールは開かないに限りますね。