ガンホー、純利益最高320億円 1~6月 「パズドラ」課金収入好調

9695999693819596E0EB9AE08A8DE0EBE2E5E0E2E3E6968690E2E2E2-DSKDZO7494728029072014DTB000-PB1-5

ユーザー数増加を追い風に、アイテムの課金収入も伸びた。売上高は26%増の943億円で、パズドラからの収入が9割以上を占めた。営業利益も19%増の537億円と2ケタの伸びを確保し、最高益となった。

市場の評価は業績とは連動していない。株価は600円台前半で一進一退。1年前の株価水準のほぼ半値にとどまっている。スマホゲームは人気の浮き沈みが激しいという警戒心が根強い一方、爆発的な利益拡大期待は剥落しているためだ。

市場の期待を呼び戻すには、利益成長力を再び高めることが条件になる。1つは国内で飽和し始めた成長を海外で伸ばせるかどうかがポイントになる。北米とアジア、欧州を合わせたダウンロード数は6月末までに700万件前後に達したようだが、伸びは国内に比べて鈍い。

なるほど業績がこれだけ良くても、株価には連動しないんですね。一発屋への警戒ってところでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です