株高・円安、来年は一服も 米中景気に不透明感

9695999993819594E1E29AE0E68DE1E2E3E0E0E2E3E79C9CE3E2E2E2-DSKKZO9563322028122015NN1000-PB1-2

9695999993819594E1E29AE0E68DE1E2E3E0E0E2E3E79C9CE3E2E2E2-DSKKZO9567927031122015NN1000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKASGF30H24_Q5A231C1NN1000/

米景気には懸念もある。ドル高が続いたことで米国では輸出企業の採算が悪化。中国など新興国景気の減速が長引くおそれもある。市場では「米景気の拡大期間はすでに過去平均を上回っており、16年には景気後退も視野に入る」(JPモルガン・アセット・マネジメントの重見吉徳氏)との慎重論もくすぶる。

FRBは来年4回の利上げを見込んでいるが、市場では2~3回にとどまるとの見方が多い。利上げが遅れれば、「米金利上昇→ドル高」という構図が崩れかねない。実際に15年の円相場は円安だったとはいえ、値幅は10円01銭と変動相場制に移行した1973年以降で最小だった。

大きく円高・株安に振れれば、日銀が追加緩和に踏み切るとの見方も多い。黒田総裁は「物価の基調に変化があればちゅうちょなく対応する」と繰り返している。市場環境が悪くなると緩和期待が高まり、相場の振れが大きくなることも考えられる。

為替に関して、2015年の値幅は1973年以降で最小(10.01円)だっというのが驚きでした。1年で10円は普通に動くものなんですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です