株式 決算材料に強含みの展開か

http://www.nikkei.com/article/DGKDZO74794390W4A720C1TY9000/

今週(7月28日~8月1日)の日経平均株価は強含みの展開か。決算発表を通じて企業業績の堅調さが確認でき、相場の追い風になるとの見方が出ている。外部環境が落ち着いていれば、1万5500円をうかがう場面もありそうだ。

前週の日経平均株価は週間で242円(2%)上昇した。好決算を発表した銘柄がけん引し、25日には約半年ぶりの高値を付けた。4~6月期決算は「想定していた中でも良い方で、市場も敏感に反応している」(国内証券)との声がある。

今週は、米国で7月の消費者信頼感指数や4~6月期の国内総生産(GDP)速報といった重要な経済指標が発表される。米景気回復への信用度が高まれば、外需株中心に日本株の追い風になりそうだ。

企業業績は底堅いようです。移動平均線の見方がよく分かっていません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です