東証、株価「10銭」刻み きょうから 取引の活性化狙う

http://www.nikkei.com/article/DGKDASGC21003_R20C14A7NN1000/

買い手と売り手の注文の価格差を縮めることで投資家の取引コストを下げ、市場の活性化につなげる狙いがある。

対象となるのは時価総額の大きい主要100社で構成する「TOPIX100」の採用銘柄のうち、株価の水準が低い銘柄。株価が1000円以下では10銭単位で、1000円超~5000円以下では50銭単位で動くようになる。従来はどちらも1円単位だった。

より細やかな売り買いができるということですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です