為替 米国に注目の材料並ぶ

96959996889DE5E6E5EBE6E7E2E2E0E4E2E5E0E2E3E6868BEBE2E2E2-DSKDZO7479451026072014TY9000-PB1-2

円相場は1ドル=100~103円で推移しそうだ。円高・円安両方向への展開が考えられる。ウクライナ、中東をめぐる地政学リスクには引き続き注意が必要。情勢が急激に悪化すれば、「安全通貨」とされる円は買われやすくなる。

米国には重要な行事が控える。29~30日には米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催される。景気見通しがこれまでより改善されれば市場では利上げを織り込んだ円売り・ドル買いが広がる可能性がある。

8月1日には7月の米雇用統計が発表される。イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が重視する「雇用の質」が改善するかに市場の注目が集まる。また、非農業部門の雇用者数の増加が市場予想の23万5000人を超えれば、円安になりやすい。

今週の注目ポイントがざっくり分かりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です