円安・株高「節目」の年 株価、業績選別進む 日経平均一時1万8000円・円相場120円・長期金利最低

9695999993819596E1E29AE0968DE1E2E3E0E0E2E3E69793E0E2E2E2-DSKKZO8147932030122014EA2000-PB1-2

http://www.nikkei.com/article/DGKKASGD30H2D_Q4A231C1EA2000/

1ドル=120円、日経平均1万8000円など「節目」が相次いだ2014年。消費増税後の景気の落ち込み、地政学リスク、欧州の景気不安といった様々な試練を乗り越え、株式市場は何とか3年連続上昇で終えた。日銀の追加緩和や公的年金の買いによる下支えもあったが、最高益更新のトヨタ自動車など強い企業の選別が進み、株高の中身は大きく変わってきた。

分析すると今年は大きな変化が2つある。一つは「官製相場」の底上げだ。GPIFなど公的年金の売買動向を映す信託銀行の買越額は今年は約2兆7000億円に上り、昨年に15兆円買った海外勢に代わり最大の買い手となった。日銀は追加緩和で円安という強烈な追い風を吹かせただけでなく、ETF購入を3倍に増額するなど株価上昇を側面支援した。

日銀と公的年金頼みの色彩が強まった一方で、株価形成が「全員底上げ型」から「勝者選別型」へと変わったのも今年の特徴だ。出遅れの割安株が何でもかんでも買われるのではなく、世界的に競争力が強く利益成長が見込める企業に資金が集中し始めた。

官製相場による底上げと、勝者選別型になったことが2014年の特徴と言えますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です